海外薬品通販の安全性

通常であれば、病院などで診察を受けないと処方されない医薬品などを、インターネットを利用して海外から個人輸入する人がいます。
いわゆるこれらの海外薬品通販については、その安全性に疑問があるとして問題になっています。

これらの医薬品は、日本の薬事法に基づく安全性や有効性、品質などが確認されていません。
悪質な業者が偽物を販売しているケースもあり、使用することによって健康被害を受ける人もいます。
個人輸入する場合には、このようなリスクを理解したうえで、十分検討してから購入する必要があります。

製造している国によっては、その品質が全く確認されず販売されている場合もあります。
またインターネットサイトで、誇大広告によりその効果や効能を謳っている業者もあります。
また製造や保管についても、どのような衛生管理下のもとで行われているかが不明なため、有害な不純物質が含まれている可能性も否定できません。
さらに正規品に極めて類似した偽造薬品が、海外では多く流通しているという現状があります。
見ただけではその真偽を見極めることが非常に困難なものです。
万が一これらの偽造薬品を服用して何らかの副作用が起きたとしても、成分が不明ため、迅速な処置が受けられないということもあり、注意が必要です

シラグラの安全性

“「シラグラ」は、ED改善薬「バイアグラ」のジェネリック医薬品としてインドで製造販売されている商品です。
そのため、効能や成分もバイアグラと全く変わりません。
ジェネリックのためバイアグラに比べて薬価は低く抑えられています。

シラグラやバイアグラ等のED改善薬を入手するには、日本の医療機関でも処方が可能なところもありますが保険の適用外となります。
その他の入手方法としては個人輸入代行を行っている医薬品取扱い店などで購入が可能です。
個人輸入の海外製医薬品に関しては、全て自己責任の元での購入が原則となっています。
日本の医薬品に関しては、副作用被害救済制度というものがありますが、海外の医薬品にはこの制度は適用されませんので、安全性が保証された正規品を購入することが大事です。
ジェネリック医薬品に関しても同様で、正規品を服用して副作用等が出たとしても一般的には個人輸入代行業では責任を取ってくれません。
そのため、服用前には必ず商品の説明書を読んで、服用方法や副作用等を確認することが重要です。
特にシラグラにはバイアグラ同様、一緒に服用してはいけない薬もあるので注意が必要です。
もしもこれらの薬を服用して副作用等がでた場合にはすぐに医療機関を受診することが大切です。”